家カフェスキルの絵画教室

教室について

知識や経験よりも大切なことは
「ほめあげる」やさしさと情熱です

私たちは埼玉県八潮市を中心に、絵画教室を開催しております。絵画を通してお子様のいろんな個性や特技も才能に変え、自信を与えて関わる人すべてを笑顔にします。
絵画を通じて学ぶ楽しさを発見し、自発的な制作意欲を持てるようにすること。そして未来の子供の無限の可能性をも引き出せる、素晴らしい時間を提供すること。私たちはこれらを追求しています。
子どもはたくさんの可能性を秘めています。大人が決めつけず、しっかりとほめて伸ばすことで、無限の可能性が広がります。
 
家カフェスキルの絵画教室を詳しくお知りになりたい場合は、「家カフェスキル 青山・八潮 絵画教室」webサイト(https://uchi-cafe.com/)をご覧ください。


オンラインで学ぶ、家カフェスキルの描画メソッド。

家カフェのほめてのばす絵画教室

絵画を通じて、みんなを笑顔に

 
本教室は、東京・埼玉・千葉のカルチャースクールを中心に対面式の絵画教室を展開しております。
昨今のコロナ渦の状況等により、以前より一部の授業をオンラインにて対応しておりましたが、オンライン教室を本格始動することとなりました。
「教室が遠くて受講できない」というご相談も多く頂いておりましたが、お近くに教室がなくても、ご自宅で受講が可能となりました。リアルタイムで講義を視聴するスタイルで、画面の向こうに写って講師の講義をご自宅で受けられます。マンツーマンで指導をおこない、質問があればその場で対応可能。途中でわからないことがあっても、ちょっとしたことをすぐその場で聞けると安心して学習を進めることができます。
オンライン会議「ZOOM」を使った絵画教室で、自宅から先生と絵画を学びましょう!!


主催者紹介

私は絵画の専門的な教育は受けていない普通の主婦でした

はじめまして。家カフェスキル青山・八潮代表の齋藤洋子と申します。
私たちは、多くの子どもたちを絵画コンクールで受賞させてきた経験を活かして、絵画を通し、どんなお子さまの個性も才能に変えるきっかけを作ります。
私たちが運営する教室は、すぐに身につき、学校の授業でも役立つ独自の指導方法で、楽しく学ぶことができる絵画教室です。
 
私は絵画の専門的な教育は受けたことのない、普通の主婦でした。
私の娘が3歳のとき、「第30回こども絵画コンクール ルーブル美術館展」に応募することになり、手探りで指導したところ、なんと長女は銀賞を受賞しました。
その後、絵画のコンクールに応募を続け、娘が5回目のチャレンジで最優秀賞を受賞することができました。それをきっかけに、絵画教室を開催しないかと言うお声がけをいただき、まずはボランティアで絵画教室をスタートしました。
指導した子どもたちが、たくさん絵画コンクールで賞を取り、幾度か奇跡のようなことが重なり、このことがきっかけで、私は会社を辞め、絵画教室の経営を始めました。
​私は小さな頃から自信が持てずに過ごしてきた過去があります。だから子供たちに「自信」を与える機会、大人の人に「 自信」を取り戻させるきっかけを与える事が、どんなことより大切だと感じています。
知識や経験よりも、大切なことは「ほめあげる」やさしさと情熱。その信念のもとに、お子様に伝わる言葉で絵画の描き方を、日々指導しています。
挫折に負けず、勝ち負けに興味なく、素晴らしい世界を楽しむために、前を向いて自信をもってたくましく生きる。そんな子供たちを育てることが私の夢であり、目標であり、がんばっています。
 

家カフェスキル青山・八潮代表 齋藤洋子

講師紹介

私たちが絵画制作の楽しさをお伝えいたします。

齋藤洋子

家カフェスキル青山・八潮 代表

佐藤絵里加

当方主催「指導者養成講座」出身講師